バイアグラ、シアリス、レビトラの特徴

近年の日本では、男性が性機能の問題を抱えて悩むことが多くなっています。
性機能の問題では、勃起不全や精力の減退、性欲減退などがありますが、特に勃起不全によって性行為をすることが困難なり、悩むことが多いのです。

三大ED治療薬の特徴を徹底解析!それぞれの効果に差はあるのか?

三大ED治療薬の特徴を徹底解析!それぞれの効果に差はあるのか?

このような性機能の問題は、加齢によって身体機能が衰え、症状があらわれてくることが以前では多くありました。おおよそ40歳を境にして、男性ホルモンの分泌も大きく減少していくため、起こりやすいのです。
しかし近年では、20歳代の若い男性でも、勃起不全になってしまい悩みとしていることが増えてきているのです。
その場合に多い原因では、生活習慣が乱れていることがあげられます。実は生活習慣病にかかっている患者の中にも、性機能の問題も同時に抱えていることが多く見られるのです。

そのことから、原因が同じであることが言えるのです。具体的には、食生活や運動習慣、睡眠時間などがあげられます。欧米化された食事やインスタント、外食などが多くなっている近年では、バランスの良い食事ができていないことが多くあります。
私たちの身体を作っているのは食事からの栄養ですので、健康的な身体を維持するためにはバランス良く食事をすることが必要です。しかし、そのバランスが崩れることで、身体の機能がどんどん低下していってしまうわけです。
さらに運動不足によって代謝も低下し、血流も悪くなってしまうことで、身体に栄養が回らず毒素もため込んでしまうのです。睡眠不足では、自律神経を乱してしまったり、成長ホルモンの分泌量が減少してしまいます。

3大ED治療薬の特徴

3大ED治療薬の特徴

このようなことから、生活習慣を見直して改善していかなければ、根本的な勃起不全の解消にはつながっていきません。しかし、体質を改善するためには長い時間をかけて継続していくことが必要です。
そのため、恋人や妻との関係性を守るためにすぐに勃起力が必要な場合は、即効性のあるED治療薬を利用することで、その問題を解消することができるのです。
ED治療薬によく利用されるものには、バイアグラ、レビトラ、シアリスという治療薬があります。バイアグラは一番初めに開発されたED治療薬で、日本でも話題となったため、多くの人が存在を知っていることでしょう。

性交渉をする1時間前くらいに服用することで、約5時間の効果を持続します。服用をする際には食事やアルコールを控えることが必要です。それに対してレビトラやシアリスは、食事の干渉を受けづらいという利点があります。
ただし、食事もアルコールもほどほどにしておかないと、効果は弱くなってしまうため注意が必要です。シアリスは他の二つと違い、およそ24~36時間の持続時間があります。