レビトラの成分を詳しく解説

バイアグラに続いて誕生した第2のED治療薬のレビトラには、有効成分としてバルデナフィルが配合されています。
この有効成分は医薬品のジャンルではPDE5型酵素阻害薬にあたり、その効果・効能について知るためには、最初に男性に勃起現象が起きる仕組みを理解しておく必要があります。

ED治療薬、レビトラの有効成分を詳しく解説しています。

ED治療薬、レビトラの有効成分を詳しく解説しています。

男性が性的に刺激を受けたり興奮状態になると、体内で一酸化窒素の放出が起きます。そしてこの一酸化窒素が誘発する形で、性器の細胞内で血管の拡張物質が大量に作られます。
その結果として、陰茎内の太い動脈血管が拡張して圧が高くなりそこに大量の血液が流れ込んで勃起が起こります。
また、勃起の現象が終わる時には体内酵素の一種が働きかけます。この酵素がPDE5型酵素です。PDE5型酵素は、性器の細胞で大量に作られている血管拡張物質を破壊する作用を持ちます。

よってPDE5型酵素が作用した結果として血管拡張物質が減少、拡張していた陰茎内の動脈血管は弛緩して血流も低下し、勃起の現象が終息します。
ED治療薬のレビトラに有効成分として配合されているバルデナフィルは、PDE5型酵素阻害薬つまりPDE5型酵素が作用するのを邪魔する医薬品です。
レビトラを服用してPDE5型酵素の働きがブロックされることで血管拡張物質の減少が起こらず、陰茎内の動脈血管が拡張し血流量も維持されることで勃起現象が続きます。

レビトラの有効成分

レビトラの有効成分

このように、体内酵素のPDE5型酵素の働きを阻害することで勃起の維持と継続を助けるのがレビトラのED治療薬としての効果・効能です。
バルデナフィルには、水に溶けやすいという特徴があります。そのため服用後に血中濃度が最高に達するまでの時間が短く、即効性があるのが特徴です。
レビトラという薬の名前はラテン語とフランス語で男性の命の灯という意味を持ち、服用するとすぐに灯がつく即効性を表すものでもあります。有効性分のバルデナフィルは、催淫剤や媚薬とは全く異なる医薬品です。

男性の勃起現象の発生と終息のメカニズムに沿って開発されているので、服用したからといってその薬効が持続している間中は性的な刺激や興奮とは無関係に勃起がずっと続くわけではありません。
あくまで性的な刺激を受けた時に作用して勃起の持続をサポートします。また血管の拡張維持に作用する医薬品が有効成分として配合されているので、服用することにより血管の拡張に伴う副作用が見られます。
軽い頭痛や動悸、顔面のほてり、目の充血などはバルデナフィルを使用した方に高い割合で発現する軽微な副作用です。