レビトラの10mgと20mgは効果も違う?

近年の日本では、勃起不全になってしまい、女性との性交渉が出来ずに悩んでいる男性が増加しています。勃起不全になりやすいのは以前であれば中年以降になってからでした。

ED治療薬のレビトラの錠数違いにはどれくらい効果の差があるのか

ED治療薬のレビトラの錠数違いにはどれくらい効果の差があるのか

だいたい40歳くらいになると、それまでよりも男性ホルモンの分泌量が激減してしまい、それが影響していることや、身体機能が衰えていくことで、性機能まで影響が及ぼされるからです。
しかし最近では若い男性も勃起不全になることが増えており、加齢による身体機能の衰えだけが多い原因ではなくなっているのです。
勃起不全になることで、それまで妻や恋人などのパートナーと性交渉によって愛のコミュニケーションができていたことが、なくなることによって二人の仲に亀裂が入ってしまうこともあります。

最悪の場合、それが原因となって愛想をつかされてしまい、別れることになってしまうこともあるのです。そうならないためにも、勃起不全を早めに解消した方が良いでしょう。
勃起不全の問題をすぐに解消したい場合は、ED治療薬を利用すると効果的です。ED治療薬で有名な種類と言えば、バイアグラがあります。
バイアグラは世界で最初のED治療薬であるため、世界中で話題となり、日本においてもとても有名になりました。そして、利用する男性もとても多くいるのです。そして、バイアグラに続いて開発されたのが、レビトラです。

レビトラ10mgと20mgの違い

レビトラ10mgと20mgの違い

レビトラはバイアグラと同じような効果があり、服用してから1時間くらいで効果があらわれます。勃起を実現してくれるのですが、その持続時間はおよそ5時間から6時間程度となっています。
その間ずっと勃起をしているわけではなく、服用して血液中に成分が浸透してから、性的な興奮をすることで、勃起を促します。そのため、服用しても性的な興奮がなければ、勃起をすることはありません。
またレビトラには10㎎と20㎎の2種類がありますが、その違いは成分量の多さにあります。10㎎のものでも十分に効果を得られる人もいれば、20㎎ではないと効果を感じられない人もいます。

ただし、どんなに多く飲んでも1日の使用上限は20㎎までとなっているため、それ以上の服用はしないように注意が必要です。また、良く効くということは、それだけ副作用も強く出てしまう恐れがあります。
副作用には顔のほてりや頭痛などがあり、もしも20㎎でこのような副作用が出る倍は、10㎎のものを使用するようにしましょう。
レビトラには、バイアグラにはないメリットとして、食事の干渉を受けにくいという特徴もあるため、性交渉の前に食事を楽しみたいという場合は、レビトラを利用すると良いでしょう。