レビトラを個人輸入で購入するのは危険?

レビトラを個人輸入で購入するのは危険なのでしょうか。一つに、何か違法なのではないかという不安があるかもしれません。
しかし、個人輸入は全く危険ではなく、法律に触れるとか捕まるおそれがあるなどという意味での不安は全く無用です。また、実際問題として個人輸入で購入する方がお得です。

ED治療薬を個人輸入の通販で購入する事は果たして危険なのか?

ED治療薬を個人輸入の通販で購入する事は果たして危険なのか?

これはどんな薬であってもお得になる可能性が十分にあるのですが、レビトラのような薬ではそれが顕著であり、医療機関を受診して処方してもらうよりは確実に安くなります。
その理由は、レビトラは健康保険が適用されないことです。日本で認可されていて医療機関で処方してもらえる薬だからといって全ての薬に健康保険が適用されるわけではありません。

とくに病気の治療とは認められないような薬、財政に限りのある保険を適用することが一般に適切とは認められないような薬には保険は適用されないのです。ED治療薬のほか、例えばピルや脱毛症の薬などが挙げられます。
保険が適用されない以上、薬そのものの値段は医療機関であろうが個人輸入であろうが10割負担であることに変わりはありません。
しかも医療機関でかかる費用は薬代だけではありません。診察費その他の費用もかかります。また別の話として、薬そのものの値段が異なるということもあります。

勃起薬個人輸入は危険?

勃起薬個人輸入は危険?

個人輸入の場合は海外から安価なジェネリック医薬品を輸入することもできますが、医療機関においては必ずしもジェネリック医薬品を取り扱っているとは限りません。
このように個人輸入は全く危険ではなく、個人輸入で購入する方がお得なのですが、注意しておかないといけないことはあります。それは副作用の問題です。
自分の体質その他の理由から、レビトラにより重い副作用を起こす可能性のある人というのは存在します。これはなかなか素人では判断困難です。

ですから、望ましくは、最初の1回だけは医療機関を受診して医師の話を聞いたうえで処方を受けることをおすすめします。一度受診しておけば、同じ薬を飲む以上は個人輸入で手に入れても特に問題はないでしょう。
また、インターネットのサイトで購入することになりますが、しっかりした会社により運営されているサイトかどうかは一応気にしておきましょう。
品物が届かないというようなことのほか、場合によっては偽物の薬が紛れ込んでいる可能性もあるからです。日本ではあまり考えられないことですが、海外ではそういう偽物の薬が横行しているのも事実です。