EDではない男性でもレビトラは服用可能?

EDではない男性でもレビトラは服用可能?

レビトラも含めてED治療薬はEDの方のみ服用可能です。医師の処方薬とされる理由は、医師の診断を受けてから服用する必要があるということです。
薬剤師・登録販売者といった方すら取り扱うことができない薬なので、一般の方が自分で服用の判断はできません。

個人輸入を利用すれば取り寄せることができますが、購入する前に医師の診断を受けておくのがよいでしょう。
バイアグラとシアリスは服用できるけどレビトラは不可という方もいますから、まずは診断を受けて実際に処方してもらいましょう。
実際に効果を実感しておけば、あとは個人輸入で取り寄せて服用可能です。ED治療薬を精力剤と混同している方は多く、予防対策として活用しようとしているケースもありますが、予防用の薬ではありません。

あくまでもペニスの立ちが思わしくない状態を克服するのが目的であり、将来のEDを予防するためなら精力剤を服用するべきでしょう。
鎮痛薬をイメージするとわかりやすいですが、例えば歯痛を感じる前に飲むことはしないでしょう。痛みを感じてから服用するのが正しい方法であり、これはED治療薬にも言えることです。
まだED治療薬を服用する段階でないならば、生活習慣の見直し、精力剤の服用で対処できます。

ED(インポ)ではない男性でもレビトラを飲んでも大丈夫?

ED(インポ)ではない男性でもレビトラを飲んでも大丈夫?

レビトラの先発薬に関しては、個人輸入で購入してもあまり安くないです。薬の相場は世界基準で決まっているため、個人輸入で取り寄せても格安にはなりません。
むしろクリニック処方より高額になってしまうケースがあるので、最寄りにED治療薬を処方してくれる泌尿器科や専門クリニックがあるなら、そこから処方を受けるとよいでしょう。
レビトラは高額で継続的に購入するのが難しいという方なら、個人輸入でジェネリックを購入するのもいいです。

EDじゃなくてもレビトラは服用可?

ジェネリックはいわゆるコピー品ですが、その効果は先発品とあまり変わりありません。確かに先発品と比べて落ちる場合もありますが、9割程度の効果は実感できると考えてよいでしょう。
価格は10分の1割程度まで下がることを考えると、ジェネリックを利用する価値は十分にあると言えます。まだEDではない男性については、日々の生活習慣を整えておけばED対策としては十分でしょう。

動脈硬化が影響しやすいため、血液の疾患を防いでいくことが大切となります。生活習慣病全般を予防しておけば、EDのリスクを常に低くできます。健康診断を受けて改善させるべき症状があるなら、そこを中心に対策をしてください。